民事再生講座〜その2〜

民事再生は、条件が当てはまる人にとっては魅力的な債務整理なのかもしれませんね。今回は民事再生のメリットとデメリットを考えてみます。まず最初に民事再生のメリットとなる点についてです。民事再生のメリットは、借金の元金をお幅に減額できるということです。

他の債務整理にはないメリットなのです。家や車などの財産もキープできるという点もメリットですよね。自己破産をすると、その後就職できない職種があったりするのですが、民事再生の場合には職種の制限はありません。自由に仕事を選ぶことが出来ます。

0-33一方民事再生のデメリットはというと、住宅ローンが負担で困っている人には不向きな債務整理方法です。また民事再生を行うと、ブラックリストに載ってしまいます。

カードなどの審査でチェックされる信用情報機関に掲載されてしまうために、およそ7年間はカードが作れない可能性があります。この点が不便で、デメリットになってくるのではないでしょうか。

もちろんお金を借入れることはできなくなります。民事再生は、借金がなくなるわけではないので、申し立てをした後の借金返済計画をしっかり立てていかなければいけません。

その点をしっかりと踏まえて上で、民事再生を検討していきましょう。

自己破産のメリットとデメリット

私は数年前に自己破産をしてしまい、全ての物を手放す事となってしまいました。

家お気に入りの車や、持ち家まで売ってしまったので何も残りませんでしたが、借金はチャラになったので良かったといえばよかったです。

お金がないので車や家を売る時は少しでも高く売りたかったので色々調べてみました。すると効率的に売れる方法を見つけました。

 

その時参考になったサイトがこちらです→【保存版】住宅ローンを払えない・滞納した場合に読むサイト

上記のサイトにもでてくるインターネット一括査定を利用して一番高値を提示してくれた業者に依頼して家を高く売ることができました。

さて、少し自己破産について紹介したいと思います。

自己破産は、自分が作ってしまった返済するべき借金を免責してもらう制度です。そのために誰でもが自己破産ができるわけではなく、それなりの条件が揃っている状態で自己破産手続きができるようになります。今回は、自己破産のメリットとデメリットになる点をお話していきます。

まず最初に自己破産のメリットについてです。自己破産に関してはマイナスイメージが大きいのですが、大きなメリットがあります。それは、借金がゼロになるという点です。借金で苦しめられている人にとっては、素晴らしいメリットです。

また、債権者に自己破産手続きをスタートしたことなどを伝え証明をすれば、借金の取り立てもストップします。法律で、自己破産の申し立てをした後の取り立ては禁止されているからです。これだけでも充分にメリットがあることがわかります。

一方のデメリットですが、ある一定の財産を失うことになります。自分の財産を差し出すことで借金の免責を求めるからです。また自己破産したことが、信用情報機関で共有されます。

そのために、クレジットカードを作る際の審査でひっかかったりしてしまいます。数年間はブラックリストに載ってしまいます。最も大きなデメリットは、保証人に迷惑をかけてしまうという点でしょうか。

保証人を付けていて自己破産すると、保証人が支払わなければならなくなります。せっかく保証人になってくれた方に迷惑がかかることをしっかり覚えておきましょう。

マーケティングを学ぶ方法

GUM11_CL02054マーケティングはというのは、日本マーケティング協会の定義によると「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」となっています。ちょっと難しいですね。

市場創造のための総合的活動というのは、具体的には、リサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などにかかわる活動のことだそうです。ですから、マーケティングに携わる人には広範囲にわたる知識や経験が必要であることが分かります。

マーケティング勉強するなら、マーケティングコンサルタントの著作を読んだり、また、研修などを受けることができますね。日本マーケティング協会では、マーケティングに携わり始めた人が受けられるベーシックコースの研修があります。また、修了するとマーケティングマスターの資格が得られる、にマーケティングマスターコースもあります。海外研修もあるようですので、興味のある方は問い合わせてみてください。

Bookmarks